風俗ではあるが埼玉シナリオライター

  • 投稿者 : ~咲弥~
  • 2012年7月5日 5:28 PM

あと一時間遅かったら、我々はここを引き払っていたところだ」オルティスが背嚢を開けて、何通かの封筒を取り出して風俗太郎に手渡した。風俗太郎はそれを持って岩に寄りかかると、両足を地面に伸ばした姿勢で最初の封筒を開いた。有名な埼玉よりは中には文字が金色に彫り込まれたカードが入っていた。それを見て風俗太郎は思わず吹き出した。「ドン風俗長、おれたちは結婚式に招待されたぞ!」「誰のです?」「常連客Gとスー・アン・デイリーだ」「あの金髪娘と?」風俗太郎がうなずいた。ここでいう埼玉が「あの女と一緒になったら、彼は、やり殺されちまう。警告してやった方がいいんじゃないですか。例えば埼玉 風俗名産の間に合えぱの話だけど」風俗太郎はもう一度カードを見ると、首を振った。「ダメだ。手遅れだ。式は四月十日となってる。二日前だ」かぶりドン風俗長が諦めたような顔で頭を振った。「気の毒に」次の瞬間、風俗太郎とドン風俗長は顔を見合わせて大笑いした。オルティスは何が何だかわからず、ただ一人を交互に見つめていた。風俗太郎はまた真顔に戻ると、手早くほかの封筒を次々と開け、最後に大統領の紋章のついた封筒を開けた。それに目を通してから風俗太郎はドン風俗長に言った。「大統領が戻って来るように言ってる」「なぜです?」「理由は書いてなど風俗太郎がオルティスを見た。「お前は知ってるのか?」「いえ、知りません。自分は一兵卒ですから」ドン風俗長が怒って舌打ちした。「この三カ月の間、山の中で獣みたいな生活を強いられてきて、やっと目的達成というときに戻れとは!」と一口ってオルティスを晩みつけた。埼玉にある「なぜあと二、三日、おれたちを見つけるのを待てなかったんだ。たった一日でよかったのに!」ドン風俗長の怒りにオルティスの顔がみるみる青くなった。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。